カテゴリー「一年草」の17件の記事

2011年3月20日 (日)

前向きにさせてくれた花「ボリジ」

1300631829037.jpg

地震の落ち込みで手入れをずっとしていなかった「KAIEガーデン」
申し訳ないと思いながら見に行ってみると、
ボリジ」が瑠璃色の綺麗な花を沢山咲かせていた。
久々の笑顔が戻り、植物の生命力に勇気をもらった。
どんな状況であれ、太陽は東から昇り、西に沈むし、
春はやってきて、自然はそれに向けて準備をしている。
見事に花を咲かせている。
私が庭の手入れをさぼっていても、成長を続けている。

自然ってスゴイo(*^▽^*)o

今回の地震はその自然の仕業ではあるけれど、
地球が成長する過程に必要なことであったわけで
それ以上でもそれ以下でもない。
プレートの上に人間がかってに家を建て、そこに発電所をつくって
破壊されてしまったということ。
だから発電所の人たちは死を覚悟して復旧作業に頑張ってくれている
それよりも安全な場所にいる私が落ち込んでいる暇はない
海外に逃げている余裕はない

前向きに、前向きに考えなくては

19日、青山では地震のためにチャリティーマーケットをやっていた
参加した佐藤さんは非常に前向きな方で、そこでも励まされた

4月のゴールデンウィークに開催される「クラフトマーケット」に向けて頑張ります。
今はそれだけ考えます。

昨日の代々木公園や原宿は休日を楽しむ人々でにぎやかだったし
テレビもバラエティ等の放送が始まり、
ショップも営業時間を延ばしてきています。
元気な東京に戻りつつあります。

ボリジのエピソード 
昔から「ボリジは青い花が美しい」と言われており、画家たちは聖母マリアの衣を描くとき、この花の汁で気品に満ちた青い色を作り出したと言われている。
 また、ボリジには幸福と安楽をもたらし憂鬱症を追い払う力があると信じられていた。古代ギリシアや古代ローマの植物学者は「ボリジの葉や花をワインに浸して飲むと、人々は愉快になり、あらゆる悲しみや憂鬱を忘れることができる」と表現している。以来、ボリジはワイン等のアルコール飲料には、欠かすことのできない材料として親しまれ続けている。

メメントモリ(死を想え、限りある命) 
人間はいつでも死と隣り合わせ。常に自分は本当に何をやりたいのか考えて生きる。
11日の地震の時に死を身近に感じた経験をした。それを活かすこと。

人間は死十字軍の遠征やペストの大流行以降、死と隣り合わせだった中世キリスト教社会の言葉で「死を忘れるな」という意味である。すべきものだから、限りある生を楽しめ
ペストの大流行以降、死と隣り合わせだった中世キリスト教社会の言葉で「死を忘れるな」という意味で人間は死すべきものだから、限りある生を楽しめある。

2010年8月23日 (月)

フロックス

Fulox

特徴早春に開花するものと夏から秋に開花するものがある。主に北アメリカ原産で、いくつかの種は北東アジアを原産地とする。高山帯から森林草原地帯まで幅広く生息している。

http://flower365.web.infoseek.co.jp/18/272.html

http://育て方.jp/cat19/post_121.html

http://garden-vision.net/flower/hagyo/phlox.html

http://www.jiten8.com/flower/jiten/SYUKON/flocks.php

和名 フロックス
学名 Phlox paniculata
別名 オイランソウ
クサキョウチクトウ
分類 ハナシノブ科 
原産国 北アメリカ
ヨーロッパ
葉張り  
分布
生育場所 日当たり、水はけ、風通しのよい場所
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   

ガイラルディア

Gaigarudia

特徴多年草だが1年で花をつけるため一年草として扱われることも多い。高さは60センチメートルから1メートル前後(30センチメートル程度の矮性種も出回っている)。初夏からにかけて直径6〜8センチメートル程度の花を咲かせる。強い耐寒性を持ち、冬季は地上部は枯れ落ちるもののの部分のみで越冬、春に再び発芽する。また夏の暑さにも強く、概ね土質を選ばず成長する事もあり頑強で育て易い。ただし加湿な環境に若干弱いので注意が必要。なお種は棘状で、特徴的な球形に密集して実る。

http://garden-vision.net/flower/kagyo/gaillardia.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/テンニンギク

http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-tenningiku_large.html

和名 ガイラルディア
学名 Gaillardia
別名 テンニンギク
分類 キク科 春・秋まき一年草・常緑多年草  
アメリカ大陸原産
葉張り  
分布
生育場所 日当たりと、水はけがよい場所
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   

アスパラガス

Asupara

特徴

被子植物単子葉植物に属する多年生草本植物である。クロンキスト体系ではユリ科に含めているが分子系統学によるAPG植物分類体系ではクサスギカズラ科に属し、雌雄異株である。多くの種があり石刁柏(せきちょうはく)とも呼ばれるが、誤って石勺柏とも表記されることもある。

のように見えるものは実際は極端にほそく細かく分枝したであり、本来の葉は鱗片状に退化している。

http://www2.odn.ne.jp/afn-sensyu/AEC/wakuwaku/saien/yasai/asupara/asupara.html

http://www.yasashi.info/a_00040g.htm


和名 アスパラガス
学名 Asparagus L.1753
別名  
分類 ユリ科アスパラガス科
熱帯アジア 南アフリカ
葉張り  
分布
生育場所 真夏以外はよく日光に当てる
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   

マリーゴールド

Marigold

特徴茎は高さ30~60cm、葉はコスモスに似て羽状複葉が互生または対生する。5-10月にかけて直径4cmぐらいの黄・橙・暗赤色などの美しい頭花を1個つける。独特の強い香りがある。観賞目的の栽培が普通であるが、根に線虫の防除効果があるので作物の間などに植えられることもある。 線虫の防除効果は、植物自身の合成するα-terthienylをはじめとした化合物によるものとの説が有力だが、共生する線虫捕食菌の働きのためだという説も浮上している。

http://www.yasashi.info/ma_00001g.htm

http://www.7key.jp/data/vegetation/menu_m/marigold.html

http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-marigold_large.html

http://www.yasashi.info/ma_00001.htm


和名 マリーゴールド
学名 Tagetes spp.
別名  
分類 キク科タゲテス属の一年草 

原産地:メキシコ 
葉張り  
分布
生育場所 よく日光に当てましょう
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   

キバナコスモス

Kibanakosumosu

特徴高さは約30~100cm。概ね60cm程度に成長するが、鉢植えやプランター向けの20cm程度に留まる矮性種も出回っている。オオハルシャギクと比べて葉が幅広く、切れ込みが深い。また夏場の暑さに強いため、オオハルシャギクよりも早い時期に花を咲かせる傾向にある。またオオハルシャギクよりも繁殖力が旺盛である為、こぼれ種で栽培していると数年後にはオオハルシャギクを席巻してしまう。

http://flower365.web.infoseek.co.jp/05/385.html

http://www.engeinavi.jp/db/view/link/553.html

http://www.yasashi.info/ki_00014.htm

和名 キバナコスモス
学名 Cosmos sulphureus Cav.
別名  
分類 キク科コスモス属の一年草 
原産地はメキシコ
葉張り  
分布
生育場所 日当たりと水はけのよい場所
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   

シソ

Shiso

特徴ヒマラヤビルマ中国などが原産。日本には中国から伝わったとされている。一年草で、高さ1m程になる。は対生につき、広卵形で先端は尖り、緑色または赤みを帯びる。品種によっては葉が縮れる場合もある。花序は総状花序で、白から紫色のを多数つける。

http://bellde.gozaru.jp/siso.htm

http://www.yasashi.info/shi_00032g.htm

和名 シソ
学名 Perilla frutescens var. crispa
別名  
分類 シソ科シソ属 一年草 
原産国:インド 中国 
葉張り  
分布
生育場所
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   

ジニア

Jinia

特徴草丈はヒャクニチソウでは60cmから1mくらいになるが、ホソバヒャクニチソウでは30cm足らずである。茎は直立し、葉は紡錘形で対生する。頭花は単生し、花色は非常に豊富で、赤・オレンジ・黄色・白・ピンク・藤色などがあり、複色花もある。

http://www.yasashi.info/shi_00002g.htm

http://garden-vision.net/flower/sagyo/zinnia.html


和名 ジニア
学名 Z. elegans
別名  
分類 キク科ヒャクニチソウ属 
中央アメリカ原産
葉張り  
分布
生育場所 真夏の直射日光下でも元気に育ちます。
日光不足に弱い
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   

ニチニチソウ

Nichinichisou

特徴原種は小低木で匍匐する傾向があるが、一般には一年草として温帯でも栽培可能であり、観賞用に改良された品種は直立するものが多い。花は直径3~4センチ程度で花弁は5裂し、色は白、ピンク、赤、赤紫などがあり中心だけ色が違うものもある。初夏から晩秋まで次々に咲くので「日々草」という。葉は長楕円形で対生する。

http://www.yasashi.info/ni_00003g.htm

http://flower365.web.infoseek.co.jp/15/211.html

和名 ニチニチソウ(日々草)
学名 Catharanthus roseus
別名  
分類 キョウチクトウ科 
ニチニチソウ属
 
マダガスカル原産で
熱帯各地に野生化する
葉張り  
分布
生育場所 日当たりと風通しのよい場所
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   

ペチュニア

Pecyunia

特徴日本には「ツクバネアサガオ」の名称で渡来し、寒さに弱いため専ら一年草として扱われた。雨で育成不良や、枯れる事が多々あることから人気は今ひとつだったが、サントリーが日本の気候に適応できるよう、品種改良した「サフィニア」を出してから、人気が高まり、園芸各社で品種改良の競争が進み、一層の多様性を深めている。現在では、特に日本において、品種改良の競争がもっとも激しいと言われる種である。 

http://www.yasashi.info/he_00001g.htm

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~g-time/zukan/petunia.html

和名 ペチュニア
学名 Petunia
別名 ツクバネアサガオ
分類 ナス科ペチュニア属 
葉張り  
分布 熱帯・亜熱帯
生育場所 日当たりの良い場所
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のコメント

最近のトラックバック

  • chisteのベゴニア畑 (原宿の裏の方にあるちょっと変わったアクセサリーのセレクトショップ8s)