カテゴリー「二年草」の1件の記事

2010年8月23日 (月)

ユーフォルビア

Yuforubia

特徴日本では本州以南に広く分布し、日当たりのよい荒地や畑などに生える二年草。草丈は20cm-30cm程度。葉のつきかたに特徴があり、茎の中程の葉はヘラ型で互生するが、茎の頂部の葉は丸みの強いヘラ型の葉を5枚ずつ輪生する。茎の頂部からは放射状に花茎を伸ばす。花期は4月-6月。苞葉の中に黄色い花を複数つける。苞葉は椀状で、その中に黄色い花がある様が、燈火の皿に見立てて和名がある。 茎や葉を傷つけると白い乳液を出す。全草にわたり有毒である。

http://kitola.hp.infoseek.co.jp/dokusou/tohdai.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/トウダイグサ科

http://www.engeinavi.jp/db/html/04_37_01.html



和名 ユーフォルビア
学名 Euphorbia helioscopia
別名  
分類 トウダイグサ科
葉張り  
分布 北半球
生育場所
撮影日 2010.07.14
撮影場所 表参道
撮影場所の環境   
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のコメント

最近のトラックバック

  • chisteのベゴニア畑 (原宿の裏の方にあるちょっと変わったアクセサリーのセレクトショップ8s)