カテゴリー「心が癒される場所」の16件の記事

2011年6月19日 (日)

京都散歩

はんなり、京都散歩に行ってきました。
学問の道をてくてく歩くいていくと、レースの美術館にたどり着いたりして。。

Img_2250

京都駅で買ったお弁当はおいしかったなー!

Img_2253

2011年4月23日 (土)

愛ラブ下北沢

ここ最近、凹んでいたが、
下北沢の人やモノ達のおかげでリセット完了。

下北沢に感謝。ありがとう。クラフトマーケットまでもうちょいだ。


1303556965404.jpg

2011年4月 3日 (日)

上原のオススメレストラン「iri」、オススメお花屋「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」

オープンして半年ぐらいになる上原のオススメレストラン「iri」と、そこに隣接しているお花屋さん「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」。スペシャル記念日に訪れることにしています。

本当においしい。シンプルにそれだけの言葉しかでません。



iri

10040422254745dh_2

THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」

449343aef116ef2df8df54c34d2f7142442

2011年4月 2日 (土)

2011年版代々木公園花見

遂に待ちに待ったセツ仲間の「お花見」ヽ(´▽`)/
セツ仲間は震災にあったときに、「生きているか?」メールを送りあった大切な友達!

正直、今年の花見は危ぶまれたが、私達は生きているし、お互いそれを確認し合う場として皆に会えて本当によかった(◎´∀`)ノ

実は花見の最中にも大きめの地震があって、
話題はどうしても震災の話になってしまい、
心から楽しめないのは悲しかったけど、
皆それぞれにストレスは溜まっていたはずで、
花見は私たちに「ほっこり効果」を与えてくれました。

どうか来年もみんなで花見が出来ますように♪(o ̄∇ ̄)/ 

がんばれ日本 がんばれ東京ヽ(´▽`)/

1301913835831.jpg

桜の咲いている場所はとれず、ケヤキの木の下で( ^ω^)

1301879946238.jpg

代々公の桜の満開は来週末のようです。3部咲きっポイので。

1301879913706.jpg

1301879934357.jpg

2011年4月 1日 (金)

ラブリー「コトリ花店」

1301879710763.jpg

KAIEが尊敬するフラワーアーティスト:理香さん
お店(コトリ花店)に行ってきました。

お店は二坪とプチサイズですが、そこにはお花だけでなく、
雑貨感覚でパリの蚤の市で買い付けしてきた「ペーパー、レース、ブリキなど」がさりげなくディスプレイさせています。元祖オリーブ少女の私にはたまらない心地よさなのです。
理香ワールドがいっぱいです。興味のある方は是非訪れてみて下さい。

1301879718411.jpg

1301881912891.jpg

1301881927850.jpg

1301879725559.jpg

 

お店の外にはスモールガーデンがあって、
池の中を覗くと、カエルの卵がびっしり。そしてポニョ。
春ですね。ビオトープな環境素敵ですね。

1301879739077.jpg

2011年3月31日 (木)

桜満開

私の一番好きな季節到来です。うっふん

1301543780587.jpg

2011年3月27日 (日)

代々木公園桜つぼみ中!

渋谷にショッピングの途中、代々木公園を通ってみました。
ステージエリアのソメイヨシノは緑のつぼみ
今年は開花がちょっと遅いみたい
来週の日曜日には咲いててちょうだい。
お願い♪(o ̄∇ ̄)/

1301221763713.jpg

渋谷パルコで購入したフランスの刺繍作家の洋書の一部をカシャ。
かわいすぎます。色がきれい。衝動買いを我慢できない完成度の良さ。

1301221785061.jpg

洋書の表紙です。参考までに

1301221793093.jpg

2011年3月26日 (土)

森美術館(フレンチウインドウ展)と展望台と垂れ桜

Pic_04

最近は仕事ばかりでアートに触れたい(=゜ω゜)ノぃょぅ!って事で、

今日が企画展「フレンチウインドウ展」の初日だった森美術館にお出かけ。

しかし、内容は思いっきり現代アートだったので、ただ見ているだけでは

分けの分からない物体ばかり。。  でも大丈夫(◎´∀`)ノ

解説付きの音声を無料で貸してもらえるのが非常に助かりました。

現代アートは、アーティストの考え、作品のテーマや過程等が重要ですからね。

私にとっては、気分転換だけではなく、発想の転換や頭の体操に有意義です。

クラフトマーケットも控えているし。

今日は天気も良くて、富ヶ谷の枝垂れ桜は、ソメイヨシノよりも早く花が咲き始めていました。ってことは、駒場東大も桜日和だね(枝垂れ桜の名所なんですよ)

1301221286488.jpg

六本木ヒルズの中にある美術館の後は、展望台で東京を眺めてきました。

TOKYOは今日も元気です。空が青いなぁーってヽ(*≧ε≦*)φ

1301221298941.jpg

六本木通り周辺を見下ろしてみると、

やっぱ都会だなって。。地震のせいか、外人さんがほとんど歩いてなかったな。

1301221306831.jpg

2011年3月25日 (金)

ユキと御苑沿いで夜カフェ

1301221010214.jpg

仕事帰りの金曜の夜はやっぱりおしゃべりしたい

今夜はセツ友のユキと夜カフェを楽しみました。

場所はいつもチャリ通で気になっていた新宿御苑通り

私達にとっては未開の地(/ω\)ハズカシーィ

とりあえず通りを端から端まで歩いてから決めることに

プチカフェ、アイリッシュパブ、上品レストラン、レゲエバー(気になる)、立ち飲み。。。

いろいろ考えて「カフェラボエム新宿御苑店

レトロなビードロ張りの雰囲気に引かれ、なんとグラスワイン1杯100円time w(゚o゚)w

省エネキャンドルも、窓ガラスに反映されてステキな演出を醸し出すのです。

ユキとはいろいろお互いバタバタでなかなか会えないのですが、

会えば学校に通っていた頃とあまり変わらない井戸端トークが炸裂

つまり女子トークというやつです。それがとても心地いいんですね。(癒されます)

4月2日は代々木公園で花見しましょ(*゚▽゚)ノと約束をして

コーヒー3杯目をいただき(おかわり自由だったので)、終了の巻き。

遂に花見まであと1週間です。。

PS カフェでは「ワイン1杯100円の代わりに、震災の募金に協力ください」をやっていたので、ささやかですが募金箱に入れてきました。ステキな試みですね。スタッフの方のサービスにも満足満足。穴場発見!!

マルゲリータピザもオーダーしてみました。

1301221050530.jpg

御苑通りの夜桜をパチリ。ちょっとだけ咲いてました。

もうすぐ春がやってくる予感。

新宿御苑の桜も有名ですよね。もうすぐ東京中桜だらけだ。。

1301221071843.jpg

2011年3月20日 (日)

前向きにさせてくれた花「ボリジ」

1300631829037.jpg

地震の落ち込みで手入れをずっとしていなかった「KAIEガーデン」
申し訳ないと思いながら見に行ってみると、
ボリジ」が瑠璃色の綺麗な花を沢山咲かせていた。
久々の笑顔が戻り、植物の生命力に勇気をもらった。
どんな状況であれ、太陽は東から昇り、西に沈むし、
春はやってきて、自然はそれに向けて準備をしている。
見事に花を咲かせている。
私が庭の手入れをさぼっていても、成長を続けている。

自然ってスゴイo(*^▽^*)o

今回の地震はその自然の仕業ではあるけれど、
地球が成長する過程に必要なことであったわけで
それ以上でもそれ以下でもない。
プレートの上に人間がかってに家を建て、そこに発電所をつくって
破壊されてしまったということ。
だから発電所の人たちは死を覚悟して復旧作業に頑張ってくれている
それよりも安全な場所にいる私が落ち込んでいる暇はない
海外に逃げている余裕はない

前向きに、前向きに考えなくては

19日、青山では地震のためにチャリティーマーケットをやっていた
参加した佐藤さんは非常に前向きな方で、そこでも励まされた

4月のゴールデンウィークに開催される「クラフトマーケット」に向けて頑張ります。
今はそれだけ考えます。

昨日の代々木公園や原宿は休日を楽しむ人々でにぎやかだったし
テレビもバラエティ等の放送が始まり、
ショップも営業時間を延ばしてきています。
元気な東京に戻りつつあります。

ボリジのエピソード 
昔から「ボリジは青い花が美しい」と言われており、画家たちは聖母マリアの衣を描くとき、この花の汁で気品に満ちた青い色を作り出したと言われている。
 また、ボリジには幸福と安楽をもたらし憂鬱症を追い払う力があると信じられていた。古代ギリシアや古代ローマの植物学者は「ボリジの葉や花をワインに浸して飲むと、人々は愉快になり、あらゆる悲しみや憂鬱を忘れることができる」と表現している。以来、ボリジはワイン等のアルコール飲料には、欠かすことのできない材料として親しまれ続けている。

メメントモリ(死を想え、限りある命) 
人間はいつでも死と隣り合わせ。常に自分は本当に何をやりたいのか考えて生きる。
11日の地震の時に死を身近に感じた経験をした。それを活かすこと。

人間は死十字軍の遠征やペストの大流行以降、死と隣り合わせだった中世キリスト教社会の言葉で「死を忘れるな」という意味である。すべきものだから、限りある生を楽しめ
ペストの大流行以降、死と隣り合わせだった中世キリスト教社会の言葉で「死を忘れるな」という意味で人間は死すべきものだから、限りある生を楽しめある。

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のコメント

最近のトラックバック

  • chisteのベゴニア畑 (原宿の裏の方にあるちょっと変わったアクセサリーのセレクトショップ8s)